2013年11月30日

ニュージーランドの日本語学科

ニュージーランドにある日本語学科の先生とこの前話して知ったんだけど…

ニュージーランドで日本語を勉強する生徒の多くは、日本へ行って就職するんだって。
少なくとも先生が教えてる生徒の9割は日本へ行くだなんてびっくり。

日本語の先生「日本語を勉強しているうちに、文化や食事など、日本自体に興味がわいてくるでしょ。
だから住んでみたくなるのは自然な考えだよね。
あと、若いうちに給料のいい日本で働きたいっていうのもある。」

言語を勉強していて、その国に実際に行きたくなる気持ちは分かる!

私も英語を勉強していくにつれ、海外へのあこがれが高まって・・・
実際に英語を活用して生活してみたいって思いがより強くなったから。

先生「ニュージーランドにはたくさんの日本人が来ていて、その中でもしっかりと英語の勉強をして、英語力がかなり高い人もいて・・・
だからニュージーランドにある日本語が必要な仕事は、より競争率が上がっちゃうよね。

でもニュージーランドで日本語を勉強してる人って恵まれた環境だと思う。

学校からの奨学金で学費を出してもらって日本に1年間留学したり、日本政府の奨学金もあるし…
けっこう活用してる生徒がいて、そうやって日本で日本語力をぐっと伸ばすチャンスも多いんだ。」

なるほど〜
以前から、ニュージーランドで日本語学科で勉強した後の進路ってどんな感じなんだろう?って思ってたけど、そういう感じなんだね。
posted by Naoko! at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック