2011年09月15日

ワーホリで英語上達するために…

たまに、「英語で悩んでいます。上達するコツを教えて!!」と聞かれるけれど、近道とか楽な方法ってないよね><

語学って、たぶんどの言語でも、長くゆっくりコツコツと積み上げていって、少しずつ出来るようになるもの。

でもワーホリの時にどうやって勉強してたの!?とたまに聞かれるので、ここに書きたいと思います。

大した方法ではないけど…^^;

私がワーキングホリデーでニュージーランド(クライストチャーチ)に一年間来ていたのが2002年。
その時は…

・最初、語学学校に通っていた時、積極的にクラスメイト、同じ学校の人に話しかけた。
(来たばっかりで不安になってるのは一緒だし、海外生活ってホームシックになりやすいから友達も欲しいし…という気持ちは皆同じ!国籍関係なく積極的に話しかけたら、驚くほど打ち解けて生活が一気に楽しくなった!)

・英語ネイティブじゃなくても、韓国人、台湾人、ヨーロピアンなど…英語でしか会話出来ない人とも友達になる。
(放課後にカフェに行って、お互いの国のこと、学校のこと、NZ旅行話など…話してるだけでも楽しい!&英語で話すので授業で習ったことのアウトプットの場になる)

・ホームステイでは、つい会話が途切れるからと部屋にこもりがちになってしまうけど、いっしょにテレビ見ながら宿題やるもよし、宿題の分からないところも積極的にホストファミリーに質問する。
(部屋にこもりだすと、どんどんコミュニケーションがしずらくなりがち… 既に一日生活してて疲れてても、ホストファミリーとの時間も大事にする)

・間違って恥をかいてもいいから、どんどん英語を話す
(特に他の日本人の前だと、英語で話すのを最初は躊躇しちゃったりするけど、今、恥をかいた分、将来かかなくなるんだから、恥をかいたもん勝ち!?
どんどん話す人ほど、経験値があがって伸びるような気がする。
間違ってもいいじゃん!みんな最初は話せないんだしね)

・最初は数行でもいいから、英語で日記を書いてホストファミリーや知り合いのネイティブ、語学学校の先生などに添削してもらう
(やっぱり、リスニング、スピーキングは生活してて伸ばしやすいけれど、ライティングとかは練習しないと伸びないし、全部のスキルは繋がってるから、総合的に伸ばしていきたいよね!
日記を書く=会話と違って辞書をひく時間もあるし、一日あったことを表現できるようになり便利)

・TOEICテストなど受けてみる。
(テストの種類は何でもOK.一度ワーホリ中に受けて、帰国前にももう一度うけて、自分の成長ぶりを確認してもいいかも。
人とスコアを比べることは何の意味もない!
友達が何点でもいいじゃん。自分がこれからどれだけスコアを伸ばすかが重要。

テストを受けることによって、いやでも少しは勉強するという効果も…。)

そしてなんといっても、ワーホリから帰国してからが英語学習のスタート地点だと思っています。

1年海外で暮らした後なら、もう自分で学習できるほどの英語力がついているはず。
維持するなんて思わず、伸ばしていく方向で、頑張ろうー!!

なんて書いてるけど、私も仕事に疲れ、最近ほとんど勉強してない^^;
英語学習ってエンドレス。
レベルが上がれば上がるほど、成長が実感できないものだけど、それでも一歩一歩前に進んでいきたいよね。
posted by Naoko! at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も英語ができる方ではないですけど、10年以上も英語を意識しながら生活しています。英字に親しんだり、CD聴いたり、英語で独りごと言ったり。
こんなことでも結構変わりましたね。
Posted by 渡辺悟 at 2011年09月23日 11:33
ほんとに、その意識しながら生活する積み重ねが大事だと日々感じています。

その日その日ではどれくらい伸びているのか分からなくて焦るけど、半年、1年という大きなくぎりで振り返ってみるとそのおかげでもっと理解できるようになっていたり・・・!

お互いにコツコツと頑張っていきましょうー^^ノ
Posted by Naoko at 2011年10月05日 07:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック