2011年03月15日

うれしかったこと・・・

ニュージーランド、クライストチャーチで大地震が起こってたった2週間半後に日本の大震災…信じられないしニュースを見るのもつらくなります。
でも人の温かさにふれたり、日本もニュージーランドも一丸となって頑張っているのも感じます。

歩いていたら通りかかった地元クライストチャーチの方や観光客に「Are you from Japan?」と聞かれ、優しい言葉をかけられたり。

今日街角で通りかかった犬の散歩中のキウイのお姉さんにも日本人かと聞かれ、「クライストチャーチの地震でも中心地で被災して、日本まで地震になっている」と言ったら言葉を失って目に涙を浮かべてた・・・
ニュージーランドでもクライストチャーチで大地震があったので、日本の事は全く他人事ではないからね。

地震直後2週間位は、各教会(ニュージーランドでは教会が各エリアのコミュニティーセンターのような役割も果たしている)で地元の人達の持ち寄りによる無料の飲み物や食事がふるまわれて近所の人達の憩いの場となっていたり、ボランティア英会話クラスも通常開催はできなくても、先生の家に生徒が集まってコーヒー片手にお互いの体験を話しあったりしました。

たしかにこんな時だからこそいろんな人と話をするとほっとするし、水や電気が使えなかったりするから、暖かい食事が食べられるのは本当に助かります…
1300.jpg
被害の少ないリカトンにある仏教の建物では震災後2週間、無料の食事もふるまわれていました。

私も何度か利用させてもらったけど、水は使えないし外出も制限されたストレスフルな生活の中で頂いた美味しいアジア料理にほっとしました。
posted by Naoko! at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック