2011年01月05日

中華料理やさんであったこと

以前から気になっていたクライストチャーチの中華料理屋さんに行ってきました。
友達からも美味しいと評判で、前から気になっていたんだ。

でもニュージーランドに来てはじめて、あまりにひどい接客態度に途中で帰った……。

昨日、ランチタイムに飲茶を食べに3人で行ったんです。
この店のシステムは、調理した飲茶を何種類かテーブルに持ってくるから、お客さんがその中から好きな品を選ぶシステムで、メニューもなければ注文も出来ないとのこと。

まず最初に肉まんが来たのでいただきました。
肉まんをテーブルに置く時、あからさまに投げてたけど^^;

評判いいだけあって、肉まん美味しかった。

だけど、友達の肉まんに髪の毛が入っていたの。
友達がそれを店員にいったら、無言で肉まんを回収して、新しいのを持ってきた。
"Free"と一言だけいって…。

ここはニュージーランドだし、態度が悪い店はそこそこあるので気にせず、友達と年末年始の話で盛り上がってました。

でも最初の1品から30分近く経っているのに、次のメニューが何も来ない…。

さすがにおなかすいてるし、それよりも向こうからテーブルに持ってきて選ぶシステムだと言ってたのに、1品きたあと30分なにも来ないなんて意味が無い!?

もう私ちょっと向こうの店員さんに言ってくるわ!と言って立ち上がろうとしたら、うしろの席に座っていたキウイらしきお兄さんが日本語で突然
「このお店いつもはこうじゃないけど、店員さん少ないみたいよ〜」って話しかけてくれた。
日本語まさか話せると思ってなかったのでびっくり。

「ぶっちゃけ、白人のお客さんには態度いいところもある」とそのお兄さんも言ってた。
店員さんはアジア人。

そしてやっとスタッフが来たと思ったら「もう飲茶の時間は終わりなので、これ以上メニューは来ません。普通のメニューを注文してください」

って言われたのね。ええー!!

でもしょうがないのでメニューを見せてもらったら、た、高い・・・メイン一品20ドル以上。
しかも今すぐ注文してくださいといって店員さんも移動しない。

なので、最初からランチ時間がそんなに無いなら教えてくれないと分からないこと、システムがこうなのに何もメニューが来ないこと、30分以上まったし、食事もテーブルに投げるし・・・と店員さんにいったら、今日は店員が少ないんだよ!と相手も半分キレている様子。

もう何もここで食べたくないので帰ります。っていってレジに言ったら、その店員さんが上の人(アジア人女性)が出てきて、私たちに説明してきました。

今日はパブリックホリデーでスタッフが少ない、こんなに客がくると思わなかった(けっこうお店空いてたけどねぇ)など…でも一言もsorryとか無かった。
でも唯一話してて感じまともだった。

「事情は分かったけど、それならそれで最初に説明してくれなきゃ初めてきたんだし分からない。正直、ここに来るの楽しみにしてたのにがっかりしました。」
っていって3人で合計10ドル足らずの料金払って店を出ました。

こんな扱いを受けたのははじめてで、ショックだったのでちょっと書いてみました><


posted by Naoko! at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。