2010年09月05日

ニュージーランド、クライストチャーチで強い地震

昨日朝4時半ごろニュージーランド、クライストチャーチから30キロほど離れた場所でM7.1の地震がありました。

現地の様子をこちらのブログで詳しくレポートしています。

Twitterで「クライストチャーチ大聖堂は大丈夫なの!?」という質問があったので地震後の大聖堂を・・・
477.jpg

全く問題ないです!立派な石造りの建物だからでしょうか。
石や木、コンクリートで出来た家よりも、レンガの家が何より崩れていました。
478.jpg
家の中がこんな風に見えてしまっている

近所の多くの家も、家は大丈夫なのにチムニー(煙突)だけレンガ作りだから壊れているところも。

でも新しい建物はおおまか大丈夫なんですよ!
古くて倒壊した家以外は普通の街並みだったりします
479.jpg
アートセンター前の道は一見普通

今は多くの家での電気は普及しましたが、まだのところも一部あるみたいです。水もまだのところもあるものの、復旧がどんどん進んでいる模様。
うちも水は出るけど、水道から出る水は濁っていて匂いがあります。
トイレが流せるだけでも本当にありがたいです。


posted by Naoko! at 07:38| Comment(3) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大聖堂が倒壊する時は市内すべての建物が壊れているでしょう。
宗教施設は複雑な計算を基準に建てるのでめったに壊れません。日本の寺院建築も同じですけれど。
教会部分正面の左右に張り出た小さな部屋が上から掛かる負荷を左右に流す役割りを果たしているので小さな部屋(の屋根)ですが、この部分がないと教会は崩れます。タワー部分も構造的には同じ作りになってます。
アートセンター施設も設計者が同じ人なのであの建物も強力でしょう。本物の石作りですから。アイラムのカンタベリー大学校舎より強い建物かもしれません。カンタベリー大学工学部は地震学の世界では有名校ですけれど。
Posted by あおい at 2010年09月05日 10:29
お久しぶりです。
ニュースで地震のことを知り
とても心配しておりました。
naokoさんのブログで現地の
状況がリアルタイムで知ることができ
少し、安心しました。
まだまだ油断できないとは思いますが
くれぐれも、気をつけてくださいね。
Posted by aimama at 2010年09月05日 19:12
>あおいさん

なるほど!勉強になります。宗教施設はしっかりと立ててあるんですね。
アートセンターも設計者が同じなんですか・。・

クライストチャーチといえば、大聖堂やアートセンターが思いつくのか、何通もの問い合わせが来て大聖堂は大丈夫??と聞かれたのでこちらに載せてみました。
今回は怖かったですね!
あおいさんのところは大丈夫でしたか?_?
あまりに余震が多いので揺れていない時でも揺れているような感じまでしています・・・

>aimamaさん
お久しぶりです^^ご心配おかけして申し訳ないですが、私は大丈夫です!
建物が倒壊した映像などを見るとびっくりしてしまいますが、古くてレンガ造りのものが中心で、それ以外の家は被害を受けていないところもあるくらいです。
でも住む所が無くなり避難している方もいたり・・・
今日から水道水も飲めるようになり、急ピッチで復興してきています!
Posted by Naoko at 2010年09月09日 18:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。