2010年01月11日

ウィルモット・パス・ロード

※ダウトフルサウンドクルーズツアー話の続きです。

マナポウリ湖の終点に着いてから、短いトイレ休憩があり、そのあとすぐにバスに乗り込みました。
外の空気を吸ってちょっとゆっくりしようとしてたら置いていかれそうになった^^;

378.jpg
私達が乗ったバス。窓が大きくて景色がよく見えたよ。空調もばっちり

後ろ側の排気ガスが出る穴がなんとキウイの形だった、かわいい!
379.jpg

運転手さんが面白い人で、ジョークを交えながらずーっと話をしてくれたよ。
このウィルモット・パス・ロードが出来るまでの歴史、地域の話など・・・

くねくねした砂利道を走っていきます。
356.jpg

気候が異なるからか、普段はみない苔に包まれた不思議な木がいっぱい茂っていた
358.jpg

しばらく行くと、ダウトフルサウンドを一望できるポイントへ到着。
一度全員降りました。
359.jpg
パンフレットで見る景色

このダウトフルサウンドをクルーズするんだね!
362.jpg
期待が高まります。
posted by Naoko! at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
晴れていてすごくいい眺めですね!
僕が行った時は道中ずっと雨が降っていて、時期も秋から冬に入った頃でとても寒かったです。

(前回のコメントの続き)
アクシデントというのは、峠をバスで登っていく間に雨が雪に変わっていき、みるみるうちに積もっていって一面雪景色になってしまったことです。
そして最後にはバスが立ち往生してしまいました。
乗客はバスから降りてみんなで押したりして、なんとか危機は脱出しました。

峠の反対側に降りていくと雪など全く降っておらず、ニュージーランドの気候の多彩さに改めて驚きました。
Posted by KT at 2010年01月11日 10:10
KTさんこんにちは!

わー冬にダウトフルサウンドクルーズに行ったんですね。
冬は冬で雪をかぶっていたり、凛とした景色がきれいそう・・・!

それにしてもみんなバスから降りて、バスを押して危機を脱出?!
このバスって大きなマイクロバスなのに・・・すごい経験でしたね。

でもその後は雪景色の中のクルーズになった・・・とういことは、真夏でも寒かったから、とても寒そう><
外の甲板に出れましたか?

この地域は天気が変わりやすいから、いつ雨が降るか分からないから、晴れているうちにいっぱい写真とったほうがいいですよーって運転手さんも言っていました。
Posted by Naoko at 2010年01月11日 13:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック