2009年06月15日

テカポ湖へドライブ

この前の連休にテカポ湖1泊旅行に行ってきたよ。

前回はシャトルバスで行ったけど、ドライブしてゆっくりと景色を楽しみながらマイペースに移動したいと思い今回は車で行くことに。

クライストチャーチからちょっと出るだけで大自然が広がり、気分爽快〜

985.JPG

ドライブ中の景色もそこが目的地なんじゃないかと思うくらいきれい!

羊や牛、馬、ラマなど動物も多くみれて和む〜!!

986.JPG

下の写真で真ん中に見えるのが全部羊!かわいいー

988.JPG

4時間ほどドライブしてLake Tekapoに到着。
991.JPG
posted by Naoko! at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だいぶ前に、このブログで“韓国1泊トランジット”の情報を見つけ、大変参考になりました。その甲斐あって、6月3日から15日までのNZ旅行を無事終え、帰国することができました。ちょっと、コメント欄が場違いですが、僕が体験したことを書きます。
《大韓航空(KOREAN AIR)》
☆通常のトランジットの場合
日本⇒仁川(インチョン)空港
CA(キャビンアテンダント)が、用紙を配りに来ます。
CA:「Final Destination?(最終目的地は?)」と聞いてきます。
僕:「オークランド(NZ)」と言い
CA:「Today?(今日?) Next Day?(明日?)」と聞いてきます。これは、今日中に乗り換えるのかどうかを聞いてきてるのです。
僕:「Today(今日です)」と言いました。
すると、検疫質問書を渡されました。検疫質問書は今まで見たことなかったけど、新型インフルエンザ関係で書かなければならなくなったようです。
検疫質問書は出発地が日本だったため、日本語表記もあったと思います。
仁川空港に到着したら、ボーディングブリッジを渡ったところに検疫官がいますので質問書を提出します(耳で体温も計測されましたね)。
あとは、“Baggage Claim & Transfer(荷物受取&乗換)”の方へ進みます。ずんずん行くと、カメラ(サーモグラフィー!?)が設置してあるところがあるのでそこを通り、“乗換”の表示の方へ行きます。あとは、再度セキュリティーチェックをして乗換ゲートに行くだけです。
☆1泊トランジットの場合
海外⇒仁川空港
CA(キャビンアテンダント)が、用紙を配りに来ます。
CA:「Final Destination?(最終目的地は?)」と聞いてきます。
僕:「Fukuoka(福岡)」と言い
CA:「Today?(今日?) Next Day?(明日?)」と聞いてきます。これは、今日中に乗り換えるのかどうかを聞いてきてるのです。
僕:「Next Day(明日です)」と言いました。
すると、検疫質問書・入国カード・関税書類を渡されました。
それぞれの書類は出発地が海外のため、英語表記だったと思います(でも大丈夫です)。
仁川空港に到着したら、ボーディングブリッジを渡ったところに検疫官がいますので質問書を提出します(耳で体温も計測されましたね)。
あとは、“Baggage Claim & Transfer(荷物受取&乗換)”の方へ進みます。ずんずん行くと、カメラ(サーモグラフィー!?)が設置してあるところがあるのでそこを通り、“入国審査”方へ行きます(韓国人用と外国人用の列がありますので気を付けて下さい)。入国審査の際は、パスポートと仁川空港から日本へのチケットが必要になります。
あとは、関税所を通過(関税書類を提出)し、到着ロビーに出ます。
僕の場合は、航空会社(大韓航空)が泊まるホテルを準備してくれるということだったので、ロビー内の大韓航空カウンターに行きました。そこで、手続きをしてくれて空港⇔ホテルの送迎もきちんとしてくれます。
※必ず、出発地では、預けた荷物を韓国で受け取るのか最終目的地で受け取るのかを確認してくださいね。
長々と書きましたが、これが僕が体験したことですね。参考になれば幸いです。
Posted by タケシ at 2009年06月15日 15:07
タケシさん大変参考になるコメントをありがとうございます!

国際線で空港を利用する際、荷物の検査だけでも緊張なのに、乗り換えなど事前に不安になってしまいますよね!

こんなに詳しく書いていただいてうれしいです。
コリアンエアーを使う人にとって事前の心構えが出来てとても心強いと思います。

私が2ヶ月前に大韓航空を利用したときには、新型インフルエンザが流行る前だったのでそのような検疫の質問票らしきものはなくいつもどおりでした。
やはり強化してるんですね!

12日間じっくりとNZ旅行されたということで。すごくステキな楽しいことが沢山あったのではないかと思います。

私も日本で仕事の関係で2週間の有給をとるのが限界で、なんとか休みをとってNZ旅行を満喫してきたことがあります。

国内移動も本当なら車でゆっくり行きたかったけど時間がないので飛行機で移動して見所から見所へ直行したり・・・
今思い出してもタイトなスケジュールだったけどすごく楽しかったです。

Posted by Naoko at 2009年06月16日 13:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック