2009年05月16日

ラジオアワード2

NZラジオアワードのパーティーに参加するためオークランドにいってきた話の続きです。(詳しくは前の記事を見てね)

会場はとても広ーい!
マスタートンにあるArrowFMの人たちと一緒の席でした。

多くのウエイター・ウエイトレスさんがオレンジジュースやビール、ワインをサービスしていました。

始まる前のステージ
921.JPG

この装飾のボックスやスクリーンは元は真っ白で、
映像が映されているんだ。

色が変わったり、波紋が映されていたり・・・

ステージ両サイドにあるスクリーンには司会者や受賞者のビデオ中継が大きく映し出されます。

マジでカッコイイと思ったのが、このスクリーンがiPhoneやiPodtouchのデザインだということ!
920.JPG
アイフォンのデザインそのもの!

各部門の発表のときもiPhoneを操作している時の画面が出て、最終選考の3組が部門ごとに発表される際も、アーティストのCDアルバム風になっててかっこいいデザインでした。

このブログで既に速報で書いたけど、Japanese DowunderはSpoken/Informational Community Access Programme部門でNZ Radio Awardを受賞しました!

WINNERが発表された瞬間、心の準備も出来ないままステージに上がって写真を撮ってもらい、30秒のスピーチをしました。

スピーチの最後にI Love Christchurch, Go ALL BLACKS!!!!と叫んだら拍手喝采で嬉しかった(笑)

Radio New Zealandの人やFreshFMの局長のマイク、NZ On Airの人々からも沢山のお祝いの言葉をいただきました。

テレビの司会等で有名なタレントPaul Holmesとも話が出来て感激でした。

感激してるのもつかのま、どんどん他の部門も発表されていって・・・ビュッフェディナーの時間に。

推定400人以上がいたけど、3箇所に料理が用意されていたので混んではいませんでした。

食事が最高!
アカロアサーモンのスモーク、生牡蠣、ローストミール、クマラのサラダ、シーフードサラダ、蒸しえびなどなど・・・

食後にはチョコレートマッドケーキ、チーズケーキなどのデザートまでぴかぴか(新しい)

夜8時半くらいから、深夜12時までKIWIバンドによるライブでした。
よくラジオに流れているようなみんな知ってる曲をカバーしてたよ。

さっきまで式典会場って感じだったのに、もうみんなお酒が入りバーバンド前に出てきて何時間もダンスしていました。

私はダンスが得意じゃないけど、一緒の席に座っていたアローFMの局長・マイケルが元アクターですごく面白くて・・・

ダンス教えてあげるから!っていわれて会場前方まで出たら、
マイケルがありえない動きをしている!!
手も足もすばやく動かしてて、ダンスというより芸!?あまりのすごい動きに周りの人も盛り上がってる!

この動きを真似するんだ!っていわれて、えええー!マジ無理!といいながらも私達もマネしてたら、その周りの人も同じ動きをしだして楽しかったよ。

途中からみんな光るキューブを持ってダンスしてるのに気づきました。

あのキューブどうしたの!?と思ったら・・・

みんなテーブルの上にある装飾品から取り出してた!

コレ
923.JPG

透明シリンダーの中にジェル状の粒がいっぱい入ってて、気持ち悪いけどそのプルプルの中に手を突っ込むと、中にある光るキューブを取り出せるらしい。

みんながみんな取り出してて、ここら辺がkiwiだよねーっていってたよ。
最後は私達も取り出したけど・・・

12時まで会場で楽しくすごして忘れられない1日になりました。


posted by Naoko! at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。