2009年04月06日

外でシェイクスピア劇

モナベールで野外シェイクスピア劇があるのでいってきました。
入場料が10ドルくらいだったかな?プロの演劇を外で見るイベントです。

850.JPG

タイトルはLove's Labour's Lost
国王と貴族が宮廷を学問の場とするべく3年間女性を遠ざけるという禁欲的な生活をすることを決めた。
その後フランスの女王たちが外交問題の交渉のために向かってきたので会ったところ、女性を遠ざけて生活すると決めたばかりの貴族達は恋に落ちてしまって・・・という話です。

去年からいろいろな劇を見てるけど、こんなに英語が理解できなかったのははじめて!!
筋すらつかめない。

どんなに聞きにくいアクセントで演技していても大まかなストーリーが分からなくなったことは無いのに、集中して聞いていてもシーンはどんどん変わって行き、訳がわからなくなってくる><;

それもそのはず、全編がことば遊びの劇だそうです。
しかもラテン語を使ったシャレが多発して、シェイクスピアの劇の中でも超難解な作品なんだとか。

この作品が書かれた目的も一般の人より貴族の為だったそうで、貴族にウケる内容でちょっと一般人には理解しがたい部分もあるらしい。
そりゃネイティブじゃない私にはもう無理だった・・・

KIWIには大うけで、各シーンで爆笑してたよ。

劇にあわせた生演奏もあって雰囲気がステキでした。
みんなラグを引いて寝転がったり、おつまみを食べながらリラックスしてる^^
会場のMona Valeがキレイで、緑やお花がいっぱいで和む!

今まで特に下調べしないで演劇を見に行ってたけど、少しは下調べしてから今度は行こうと思いました。


posted by Naoko! at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。