2008年10月02日

Rain of the children試写会

今日は朝9時からずっと収録があって結構忙しかったCD

ダニーデンのミュージシャン、サンドラの電話インタビュー、クライストチャーチ在住の40回引越しした経験を元に本を出版本した女性の引越しのコツインタビュー。

それからイタリアフィルムフェスティバル特集番組の収録・・・コートシアターのフォージで上演されている劇、black birdのディレクターのインタビューを聞いたら本当にその劇が見に行きたくなった!

その中でも一番気になったのはNZ映画Rain of the Childrenのインタビュー。

マオリ側のコープロデューサー、ナンシーさんのインタビュー後、ジャーナリストのロビンさんのこの映画についてのレビューもあったんだ。

試写会を既に見に行ってたから録音しつつ夢中で聞いてたよ(笑)

ナンシーさんの4年間かかって実際に映画に出演してくれたマオリの人たちと関わった話とか興味深かったぴかぴか(新しい)

Rain of the Childrenはニュージーランド映画で、マオリの女性の生涯を描いたドキュメンタリーフイルムです。

リアルトで開催された試写会は満席だったよ夜

NZの歴史を再現してて、NZのディレクターで、映像がきれいで・・・すごく悲惨な人生についてなんだけど、どんどんストーリーに引き込まれていきました。

チケットに印刷されたポスターと同じ写真、たった14歳で主人公が結婚したシーンから368.jpg

すごくパワフルな映画で、映画が終わったとたんに横をみたら、一緒に見てたペディーが泣いてた
泣きながら「全てのニュージーランド人が見るべき映画だexclamation」って熱く語っていたのが印象的でした。


posted by Naoko! at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。