2011年03月31日

震源付近リトルトンの写真

メインブログで、クライストチャーチ地震後初めてリトルトンに行った話を書きましたが、紹介しきれなかった写真をここに載せたいと思います。

少し高台にある教会
1386.jpg
2008年にフラワーフェスティバル開催中、イベントの一環としてこの教会で小さいけど素敵なイベントがあったのを思い出した

この教会も屋根の下が崩れている
1405.jpg
やはり教会は古い建物が多いから被害も大きい

メインブログにも載せたホテルを斜めから
1379.jpg
前にヒビが入っているだけじゃなくて、うしろ側が壊れているのが分かる

ロンドンストリートより海がわ
1382.jpg
いたるところでこんな様子だった…

ファーマーズマーケットでは、オリジナルエコバックを販売していました。
1404.jpg
20ドル位だったかなぁ・・・?


ラベル:リトルトン 地震
posted by Naoko! at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

市営ジム前で無料エクササイズ

クライストチャーチ地震の影響で、今も多くの市営プール、ジムが営業していません。
(Lyttelton Recreation Centreはオープン、パイオニアスタジアムとジェリーパークはもうすぐオープン予定、CentennialとQEIIは現在建物の検査中だそうです。

そんな中、Pioneer stadiumとJellie Park(どちらもクライストチャーチ市営ジム/プール)の外で無料エクササイズクラスが開催されていると聞いて行ってきました。

今日夕方6時からのクラスが開催されたジェリーパーク
1401.jpg
今はまだ開いてないけど、ジムにプール、サウナやスチームサウナ、スパが中に、外にもプールがある

1402.jpg
外のプールにはこんなに長いスライダーもあったよ

芝生の上で、ノリの良い音楽に合わせてエクササイズ、やってました
1403.jpg
でも、すごくキツそう・・・!!!

14歳以上ならオールフィットネスレベルOKって書いてあったけど、実際には気合入ったキウイ達が限界に挑戦!?していて、ちょっと参加できなそうだった^^;
みんな服装からして気合が入ってる><

きつめのスクワットのあと、ダッシュして腕立て伏せを連続でやったりしてました。

確かにブートキャンプって書いてあったしね・・・

それでも市営ジムが使えない今、こういうサービスは嬉しいよね。
posted by Naoko! at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

今のクライストチャーチの夜景

クライストチャーチ市街地から車で10分丘に上ると、クライストチャーチ全体が見渡せるキレイな景色が見れます。
ゴンドラもあるし、羊もいるし^^
週末にはマウンテンバイクで丘を走る人やハイキングコースを歩く人をよく見かけるよね。

久しぶりに夜に丘の上に上ってみました。
1389.jpg
いつもより光が少ない…

先日、明るい時間に来た時に近くで撮った写真↓
1400.jpg
これと比べると少し分かりにくいけどシティ中心地の部分がポッカリ穴になってるように真っ暗なのが分かる・・・

今も市の中心部の多くが立ち入り禁止で、電気も通ってないところも多いんだ。

立ち入り制限は厳重で、多くのビジネスオーナーが大事な荷物もいまだに取りに行けない、住民が家に戻れないなど多くの問題があります。
それにシティーセンターが車で通れないから、通勤時刻は渋滞もすごいよね。
posted by Naoko! at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

リプトンの新しい紅茶

クライストチャーチの中心部や市の東側など被害が大きかった所では、壊れた建物や道などが多く目に入ってくるけど、それ以外のエリアではほとんどダメージを受けていないから、地震前と変わらない日常生活が続いています。

中心部から車で10分ほどで着くノースランドモールもその一つ。
お店はほとんど開いてるし、行くとほっとする^^
地震発生以来、平日でもけっこう混んでます。

昨日ノースランドモールに行ってみたら、日本でもおなじみの紅茶メーカーLiptonから、新製品の試飲コーナーが出てたよ
1352.jpg
まるでちょっとしたカフェみたいに、座って紅茶を楽しめる

席に座ったら、お姉さんが新発売のティーをいくつか出してくれました。
Red Fruits味が変わった味で面白いね〜っていったら、このレッドフルーツ味の紅茶パックを箱につめて、お土産にどうぞ〜^^ってくれた。
1353.jpg

わー、嬉しい!
温かい紅茶を片手にゆっくりしていきました。
posted by Naoko! at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

新モニュメント

ニュージーランド南島、クライストチャーチで地震が発生する1日前に、クライストチャーチポリテクニック(CPIT)前に新モニュメントが設置されました。
1338.jpg
個人的に好き!
本当は9月に設置される予定で土台を掘ったり準備が進められていたけど、9月の地震で一度工事が見合わせられて、ようやく2月21日に完成したところだったんだ。
その翌日に大地震があったけど、地震直後に見た時には無事でした!

けっこう大きい
1339.jpg
大聖堂広場から見て、一直線上に大きなモニュメントがいくつもあるよね。
マンチェスターストリート、リッチフィールドストリート、ハイストリートの角にある花の形したゆっくり動く巨大なモニュメントも無事だったみたい。
先日のメモリアルサービスでレッドゾーンの映像が出てきたとき映ってた!
posted by Naoko! at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

うちの窓から装甲車が…

ニュージーランド、クライストチャーチで地震が発生してから今日でちょうど一カ月。
緊急事態宣言は続いているまま…中心地から少し離れると以前の様子も戻ってきている一方で、私の住んでる中心地の方はまだまだ落ち着かない日が続いてます。
うちの窓からの様子↓
1334.jpg
いまだに装甲車や軍の姿が見えます。
中心部に住んでいるから、各ストリートに軍人さんやポリスがいる仮の検問所のような場所が出来ていて、それがすぐそばなんだ。
物々しい雰囲気だけど、何かあってもアーミーが近くにいるという安心感も・・・

考えてみたら異様だよね。巨大なショベルカーが家の前を通ったり、夜中でもヘリコプターが飛んだり…

市街地中心部の住宅地に置かれた装甲車
1337.jpg
うちの前のとはまた違う・・・
それにしても、この装甲車ってなんで置いてあるんだろう!?
地震直後から疑問だった。
突破して行く人をとめるため!?
考えてみたら成田空港の入口にも武装した車が置いてあるよね…

装甲車が普通の道を走ってるのを見ると不思議な感じがします。以前一度も普通にシティー近くを走ってるのを見た事がなかったからね^^;

近所を散歩しただけで、既に危険だから壊された建物がこんな風に瓦礫の山になっているのをいくつも見かける
1335.jpg

今までとクライストチャーチは変わってしまうから、New Normalを受け入れないといけないと友達に言われたんだ。
たしかに変だけど、こんな景色が1カ月も続くと、窓から装甲車が見えるのも私にとっては既に日常の姿になっています。
posted by Naoko! at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

建物の取り壊しが進む:クライストチャーチ地震

ニュージーランド南島クライストチャーチで2月22日に地震が起こってから3週間半。
クライストチャーチでは今まだ新しい建物を建てていくというよりは、今にも壊れてしまいそうな建物を壊していく作業が進められている状態です。

1325.jpg
今まで普通に立っていた民家が瓦礫の山に…。

壊されなくても、余震で倒れてこないように抑えているところも
1324.jpg

昨日ニュージーランド政府主催のメモリアルサービスに向かう途中にビーリーアベニューを歩いていて、こんな風に既にたて壊された場所をいくつも見かけました。
1320.jpg
ビクトリアストリートとビーリーアベニューの角にあるレストラン、行ってみたかったな…どこかで復活するかな?モダンなキッチンだけが残って立ってた。
posted by Naoko! at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

うれしかったこと・・・

ニュージーランド、クライストチャーチで大地震が起こってたった2週間半後に日本の大震災…信じられないしニュースを見るのもつらくなります。
でも人の温かさにふれたり、日本もニュージーランドも一丸となって頑張っているのも感じます。

歩いていたら通りかかった地元クライストチャーチの方や観光客に「Are you from Japan?」と聞かれ、優しい言葉をかけられたり。

今日街角で通りかかった犬の散歩中のキウイのお姉さんにも日本人かと聞かれ、「クライストチャーチの地震でも中心地で被災して、日本まで地震になっている」と言ったら言葉を失って目に涙を浮かべてた・・・
ニュージーランドでもクライストチャーチで大地震があったので、日本の事は全く他人事ではないからね。

地震直後2週間位は、各教会(ニュージーランドでは教会が各エリアのコミュニティーセンターのような役割も果たしている)で地元の人達の持ち寄りによる無料の飲み物や食事がふるまわれて近所の人達の憩いの場となっていたり、ボランティア英会話クラスも通常開催はできなくても、先生の家に生徒が集まってコーヒー片手にお互いの体験を話しあったりしました。

たしかにこんな時だからこそいろんな人と話をするとほっとするし、水や電気が使えなかったりするから、暖かい食事が食べられるのは本当に助かります…
1300.jpg
被害の少ないリカトンにある仏教の建物では震災後2週間、無料の食事もふるまわれていました。

私も何度か利用させてもらったけど、水は使えないし外出も制限されたストレスフルな生活の中で頂いた美味しいアジア料理にほっとしました。
posted by Naoko! at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

クライストチャーチ地震発生直後

ニュージーランド、クライストチャーチで起きた地震の被害は大きく、未だに住民は制限された生活を送っています。

地震発生直後電気が繋がらなかったけど、ごった返した部屋の中で電気が戻ってから文章を書き始めインターネットが繋がると同時にブログで第一報を出しました。
家に着いたのは地震発生2時間後くらいでしたが、あまりの恐ろしい出来事にまだ手が震えていてキーボードが打ちにくかったのを覚えています。

地震当日、速報に載せた以外に家まで避難して帰ってくる途中に見たものここに載せたいと思います。
1306.jpg
ウースターStとマンチェスターStの角にあるオクタゴン・ライブ。
石造りの立派な建物を利用した高級レストランで、生演奏で評判の場所だったんだ。
9月の地震でダメージを受け、さらに今回はもっと…

ここまでくると、もう何のお店だったのか分からない…
1307.jpg
1階の上にある屋根は落ち、上の階の壁も崩れている

ビクトリアスクエアはちょうどランタンフェスティバルの準備中で、多くのランタンが吊るしてあった
1308.jpg
地震直後には余震が立て続けで発生し、さらに建物が壊れてくるのが怖かったので各公園に避難している人は多い

ビクトリアスクエアの芝生にもあちこちに液状化現象やヒビが見られた
1309.jpg

なんといっても壊れていたのはレンガ造りの建物が多い
1310.jpg
新しい店でもガラスが割れていたり…

現在クライストチャーチでは危ない建物はどんどん壊されたり、道路やインフラも急ピッチで修理されています。
posted by Naoko! at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

大量のコーン

ニュージーランド南島クライストチャーチで地震が発生してから丸2週間。
まだまだ毎日なんとか暮らしていて、復興という雰囲気でも無いけど、急ピッチで復興作業は進められています。

1246.jpg
道によってはまだまだ砂が舞っているところも…。危険なので粉じんマスクがいたるところで配られている
町中で液状化現象で発生した砂、泥は随時回収されています。

余震もまだ続いています。
余震で建物が倒れてきては大変危険なので、倒壊の恐れがあるものはどんどん壊されています
1296.jpg

クライストチャーチには、仮設トイレをはじめ、フェンス、シャベル、一輪車など続々と到着しているとテレビでやっていましたが、交通コーンもいっぱい置いてあるのを見かけた
1240.jpg
全部新品。こんなに一度にいっぱい見たのはじめて。
posted by Naoko! at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

NZ地震:危機一髪!ドアが…

ニュージーランド南島クライストチャーチで地震が発生してから約2週間。
今も私の家は制限区域に入っており、出入りも厳しく、6時頃には戻って来ないと逮捕という緊張状態が続いています。

しかも市の人が来たときに、家に居ないとドアを壊されて係の人が入ってくるという話も。
ええ、住んでいるのに玄関のドア壊されたらシャレにならない…!!

その話を聞いてかなりびびっていたら、ある日うちの向かいの家にヘルメットを被った作業員が塀を超えて入っていくのが見えました。
そのあと、響いてきたドーン!ドーン!という音。

私の部屋は上の階なのでベランダから音のする方を見てみたら、道具を使って4人位の人でベランダのドアを壊してる・・・!!しかも塀を乗り越えて順番に・・・!!@@

そんな中、私だって一日中家にいるわけにいかないので、出かけなければなりません。

とりあえず、ドアに紙を貼って
「このドアをどうか壊さないでください。携帯番号は・・・」と書いておきました。

しばらくして車で家の外に出ると、ちょうど作業員の方たちがうちの2件隣の家前にいたんだ。

まさかあの人たちうちに来るのではと思って、話しかけてみると、
係の人「私たちは生存者や動物が家の中に閉じ込められていないか、一件ずつ確認していってるんだ。あなたの家には行くのは30分後くらいかな。」
建物が大丈夫かチェックしてると思ってたけど、違ったんだね!
家の強度をチェックするのは現時点で外観のみだから、それではドアを壊したりはしないみたい。

私はまだ住んでるし、ドアを壊されては大変なので
「私の家は緑の紙が貼られていて、今も住めるので住んでいます、この辛い時にドアまで壊されてしまっては本当に困ります。でも私も今すぐに出かけなければならないんですが・・・」
と言うと…

係の人「じゃあ、すぐそこだしあなたの家を先にチェックしますよ」

た、助かった!

私たちの案内で、男性と女性の2人が家まで来ました。
家が大丈夫かチェックしにきているのではなく、あくまで家の中に倒れている人や動物がいないかどうか確認をしているので、家に入ると2手に分かれ、クローゼットの中、ベッドの下、棚など全てを慎重に確認していました。

私「あのー、私たち以外この家に誰もいないんですが・・・2ベッドルームだし、誰もいないのはよく知っているし^^;」

係の人「もちろんそうでしょうが、私たちは全ての家をこうしてチェックしないといけないんですよ。」

そ、そうだったんだ!ホットウオーターシリンダーが入っているところや食器棚まで探していました。確かにこんな狭いところでも動物なら入れちゃうもんね!

2,3分で一通り見て、オールクリア!といって出て行った。

話によると、生存者確認のためなら、ドアを壊してでも入ってくるとのこと。
非常事態宣言が出ているからそういうことが出来るんだって。宣言が解除されるとドアを壊す力は無くなるらしい。

いや、ほんと、ドアが壊されなくてよかった・・・。
posted by Naoko! at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

クライストチャーチ市街地の今

ニュージーランド南島クライストチャーチで大地震が発生してから一週間半。

依然として4アベニューで囲まれた中心部は厳重な立ち入り禁止です。
やっと日曜日から一部ずつ解放していくと発表がありました。
本当に入れるようになる日が待ち遠しい・・・!
(制限区域の中に住んでいると不便だし、今でも中に車が取り残されて取りに行けない方など多くいる)

取材中に市中心部を見た際の写真を、もう少し載せたいと思います。
1271.jpg
大聖堂広場にあるインフォメーションセンターの建物の時計。
割れてるけど、その建物自体は崩れたりしていなかった。

アートセンター
1270.jpg
一部壊れてるけど、見た目は残ってる!

他の角度から
1269.jpg
アートセンターはぜひ、残ってほしいです。

エイボン川そばの道で
1274.jpg
巨大な溝が・・・深い

やはり地盤の問題なのか、川の近くは液状化現象や道のでこぼこ、ヒビが多いようにも感じました。場所によりますが・・・

大聖堂からアートセンターに向かって歩いていくときに、橋から左手にあるオックスフォードテラス沿い&エイボン川沿い
1273.jpg
像が下に落ちちゃってるけど、キレイな花が咲いていた
posted by Naoko! at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

パイオニアスタジアムで公共シャワー

今日はクライストチャーチ地震発生以来はじめて、放送局のスタッフで集まりました。
放送局が立ち入り禁止区域内にあることから、まだまだ仕事復帰には時間がかかりそうです><

仕事の話はもちろん、お互いの地震体験について語りあってたんだ。
電気がつかない、水が出ない、家の中に入ってる泥を外に出したなど・・・

そんな話の中でも、同僚がパイオニアスタジアムに公共シャワーを浴びにいった話が気になったよ。

彼女はしばらくシャワーを浴びれず不快だったから、パイオニアスタジアムに公共シャワーがあるということで、さっそく行ってきたんだって。

スタジアムで対応してくれるスタッフはボランティアスタッフだからか、どうすればいいのかよくわかっていない様子で、手際が悪くて困ったとか。
最初のスタッフが分かっていないから、次のスタッフに話すと「シャワーは(住む所が無くなったため)ここに泊まっている人優先で、その人たちがみんな終わったらあなたの番。でもシャワー、壊れてるけどね!」

ええー!

シャワーは普通のものではなくて、見ため仮設トイレのような感じ。数個しか並んでいない。誰も周りにいないし、修理している様子も見られない・・・。

どちらにしろシャワーを使いたいなら簡単な登録をしないといけないということで、登録したけど、その後もまた、家が無くなった人優先とか直してるとかわけのわからない説明されたらしい。

クライストチャーチ市がパイオニアスタジアムで公共シャワーがあると大きく宣伝してるのに、なんで・・・TT

話の途中で彼女のパートナーが切れて「もう結構です!!!」と言って、さっき登録した紙をゴミ箱に投げ捨てて帰ろうとした時、いそいで出ていくのを止められて「チェックアウト(登録した紙に帰る時間を記入する)してください!!」って言われたって。

何日もシャワーが浴びれなくて、やっとスタジアムまできたのに、結局浴びれずがっかりしたとか。

避難所が素晴らしい活動をされてると思いますが、こんなこともあったんだねTT
posted by Naoko! at 17:36| Comment(1) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市街地の様子:NZクライストチャーチ地震

ニュージーランド南島クライストチャーチ地震が発生してから、現状をメインブログで紹介していますが、使いきれなかった写真をあるのでここに載せたいと思います。

よく、「あのストリートはどうなった?あの建物は?あのエリアは?」と聞かれるので、私が行動しているついでに見てきた写真を、毎日少しずつ貼りつけられたらと思います。

1231.jpg
アイコニックというナイトクラブ
現地語学学校に通う留学生がよく集まる場所でした。

1234.jpg
アートセンター側から見える大聖堂
大聖堂付近(シティーセンター)のダメージは大きいけど、大聖堂からアートセンターに向かって歩く道は他のストリートに比べて被害が少ないです。

1235.jpg
地震から1週間たっても、街を流れるエイボン川は濁ったまま。
でも高級レストラン・retour(写真右)は見た目は壊れていない

1205.jpg
Moorehouse Aveにあるパッキンセーブにいったら、一度に400人までしか入れないと書いてあった。
入る時、店員さんが何人入ってるか数えてた。安全のためかな

1204.jpg
給水ポイントは多くあり、水がでなくても十分にもらえる状況です。
このように蛇口が何個もあるし、あまり並ばなくて済む
posted by Naoko! at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | クライストチャーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。