2010年01月14日

地下発電所の見学

※ダウトフルサウンドクルーズの話の続きです。

クルーズも折り返し地点まで来て、あとは戻るだけ!
後半にさしかかってくると、さすがに長時間のクルーズ&バスの組み合わせに疲れてきて、みんな外で強風に吹かれてがんばるのはやめ、船内に入り、まったりモードに突入していました喫茶店

途中でいるかの群れに遭遇!
367.jpg
ここに生息するのはボトルノーズドルフィンといって、いるかの中でも大きい種類なんだって。
大きいものでは全長3.8メートルに達するいるかもいるんだとか。

いるかのショーであるような、ハイジャンプも見れたよ。本当にああやってジャンプするんだね!

ダウトフルサウンドでは、他にもペンギン、オットセイ、クジラを見かけることもあるそうです。

さらにしばらくすると、みんな船の中で睡眠モード、もしくは飲酒モードに入っていきました眠い(睡眠)
もう大満足の風景も見れたし、外は強風との戦いだし、疲れた・・・
私もちょっと船内で仮眠。

最後の方になって気づいたけど、船の横に出れば風もあまり強くなく、落ち着いて景色が楽しめる
377.jpg

時々ふっと現れる水面上に写る景色
375.jpg

ダウトフルサウンドクルーズを終え、次はマナポウリ発電所の見学です。
またバスに乗り込み、移動します。
355.jpg
これが発電所

途中トンネルの中を入っていき、地下へ入っていきます。なんと地下220メートルの深さに作られた発電所なんだそう。
1971年にこの水力発電所が完成されたんだって。
382.jpg
発電所の中。中は温かかった!

この後、またマナポウリ湖をクルーズする船に乗り込み、スタート地点まで帰ってきました。
383.jpg
天気が回復したから深緑の湖がきれいに見えたよ


posted by Naoko! at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスプディング

旅行話が長いのでちょっと休憩して違う話題を・・・

新年が明けて、まだ休暇を取っている番組も多いけど、休みをとっていない番組もあります。

スコティッシュ・セッションを放送しているコーリーンが今年最初の番組収録に来た際に、放送局のスタッフにクリスマスプディングの差し入れをしてくれました。

クリスマスプディングは、イギリスの代表的なクリスマスケーキ。
ニュージーランドでも毎年家庭で作られています。

小麦粉、バター、砂糖、アーモンド、プラム、レーズンなどのドライフルーツにお酒を加え熟成させたフルーツケーキ。
蒸しあがったものは、数日から数か月熟成させて、熟成期間が長いほど美味しいといわれているんだとか。

お酒が入っているから長持ちするしどうぞー^^ってもらったんだ。

390.jpg

一口食べてみたら・・・美味しい!今まで食べたクリスマスプディングの中で一番美味しいぴかぴか(新しい)
各家庭に伝わるレシピがあるんだって。

でも他のスタッフ(全員キウイ)は「私はいいよーNaoko持って帰りなよー」って。

どうやらみんな、各家庭で大きいクリスマスパーティーをして、そのときに沢山食べたうえ、あまった分も貰って年末年始食べていたので、これ以上はいらないとのこと・・・

ありがたく貰って帰って家でコーヒーと一緒に楽しみました喫茶店
posted by Naoko! at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする