2010年01月31日

All Aboutニュージーランドの記事アップ(クライストチャーチと近郊)

All Aboutニュージーランドに新記事「クライストチャーチと近郊」をアップしました!

http://allabout.co.jp/gm/gc/22587/

南島最大の都市クライストチャーチはパッケージツアーにも必ずといっていいほど組み込まれている人気の観光地です。

クライストチャーチの交通アクセス、おすすめの見どころや周辺の町を紹介しています。よかったら見てみてくださいね^^

442.jpg
今日は大道芸人のお祭り、バスカーズフェスティバルの最終日でしたね!
フェスティバルの様子も明日から少しブログに書きたいと思いますペン


posted by Naoko! at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | All About NZ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

ワカティプ湖畔で朝食

★旅行話の続きです。

今日は1日クイーンズタウンの観光予定。
連日雨だったけどやっと晴れた!

朝、さっそくワカティプ湖畔を散歩しました。とても気持ち良かった!
421.jpg
透明度の高い湖

この湖畔で朝食を食べることに。
422.jpg

周りにはピクニックをしている人たちもいたり、朝から湖畔をジョギング、犬の散歩をしている地元の人たちが行きかっていました。

朝食後には、とりあえずクイーンズタウンの街を一望してみたいと、ゴンドラで丘に上ることにしたよ。

ゴンドラ乗り場のちょうどすぐ横に、ニュージーランドの国鳥キウイが見られる施設があったよ

423.jpg

ゴンドラ乗り場を発見。ここでチケットを買います。
424.jpg

つづく・・・
posted by Naoko! at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

オイスターはどこ??

インバーカーギルからさらに約30キロ走ってブラフの町へ到着しました。

ブラフといえばブラフオイスター!(牡蠣)
今はシーズンオフだけど、シーフードの直売所があったりしないのかな?とちょっと期待。

でもやっぱり12月30日だし夜だから、誰もいない、どの店も空いていない・・・。
雨が降っていたから町の写真は撮れなかったよ。

このあとブラフ・ヒルへ車で上りました。

417.jpg
海の向こうに見えるのはスチュワート島!

雨が降ったり止んだり、風も強くて寒かった雨
360度見渡せるステキな丘だったけど、霧と雨であまり見えない・・・
418.jpg

今夜どうしようか悩んだけど、まだ運転できそうだったからクイーンズタウンまで一気にドライブして帰ることにしたよ。

だんだん暗くなってきた・・・向こうに見える丘がキレイだった
419.jpg

日が一番長い時期なのか、10時半になっても完全には真っ暗にならなくて運転しやすかった!

淡い夕焼け
420.jpg

夜11時30分にようやくクイーンズタウンに到着夜

考えてみると、今日はテアナウ−インバーカーギル−ブラフ−クイーンズタウンとずいぶん長距離移動でした目

でも景色をみていて飽きなかったし、マメに停車して休憩したから平気だった!
posted by Naoko! at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

南島南端の町・インバーカーギル散策

インバーカーギルはニュージーランド南島の最南端部に位置する町。
スコットランド人によって開かれたんだそうです。
キウイが発音すると「インバーカーゴ」って聞こえるよね!

最南端の町と聞いて、妙に小さい町をイメージしてたけど、思ったよりはずっと栄えてました。
クライストチャーチにあるような全国チェーンのお店やレストランなど何でもある!

412.jpg
傘のモニュメント発見

ここで、クライストチャーチで以前使われていたのと同じタイプのパーキングメーターを発見したよ。
私がワーキングホリデーでNZにいた2002年に見かけた記憶がある!
413.jpg
最近は四角いのに変わったよね?
考えてみたらこのタイプは最近見ていないような・・・?

夕方になってきたのでレストランを探して歩いたんだけど・・・店がどこも開いてない><
414.jpg

それどころか、人がいない・・・

12月30日の夜だからか、あまり人がいなくてゴーストタウンのよう。

しばらく探していると、アイリッシュパブが空いているのを発見。雰囲気が良さそうで、賑わってる!
ここで今日はディナーすることにしたよ。

ポークベリー。甘いソースがかかっていて外側はカリカリ
415.jpg
マッシュポテトといっしょに食べると美味しい!

ポテトトップの下にビーフシチューが入っている
416.jpg
ギネスビールの香りがしっかり。こちらも美味しかった

夏だから10時過ぎてもまだ明るいので、食後はこのまま移動して観光を続けることにしました。
posted by Naoko! at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

南島南端の雰囲気

テアナウから南島南端の町インバーカーギルまでドライブした話の続きです。

しばらくすると、海が見えてきました。
402.jpg
McCraken's Restという場所なんだって。
ここからインバーカーギルまであと60キロ!
強風で、荒い海だった
403.jpg

この地域(南島南端)は、カンタベリー地方やクイーンズタウン周辺とはまた全然違った雰囲気でした。

風が強い地域なのか、木がすごい角度になってた
404.jpg
こんな感じの木をいっぱい見たよ

近くで見ると・・・
405.jpg

風でなぎ倒されてる!?海に向いている部分が枯れてるし・・・!

草原の向こうに海が見える
406.jpg

動物は、羊の放牧が多かったです。
下の写真の右上に羊がいっぱい
408.jpg

夕方になるまえにインバーカーギルに到着したよ。
411.jpg
年末だったから、まだクリスマスの飾りが残っていた

道路標識に「ブラフ、ダニーデン」と書いてあるのを見て、ここまできたんだー!って思いました。
posted by Naoko! at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

ホリデー明けの職場

放送局は1月4日までが公休で、1月5日から今年の出勤始めだったんだけど、同僚のエドは有給を足して長めのホリデーをとってたの。

オークランドでBig Day Out(ニュージーランド最大級の野外コンサート)に参加して帰ってくるんだとか・・・いいなー!

そこで、エドがホリデー明けに出勤してくる前日に、おかえり!!という意味を込めてみんなで風船にメッセージを書いてパソコンの周りに飾ったよ。
410.jpg
心温まるお帰りメッセージから、ウケねらいのものまでいろいろ・・・

今年の初出勤当日、風船を見て喜んでくれてよかった^^

話を聞いたら、エドはオークランドからクライストチャーチに戻ってきたときにも、フラットに戻って自分の部屋のドアを開けたら・・・風船で部屋がいっぱいになってたんだって。
フラットメイトみんなで膨らませていたらしい。

フラットでも放送局でもバルーンで歓迎とは偶然だね・。・

ちなみに、この風船は12月上旬にサンタパレードで使ったヘリウムが入ったものです。
もうすっかり浮かなくなってたけど、年が明けてもまだ健在なことに驚き・・・。

パレードに使った風船を再利用してデコレーションというのはエコなかんじでいいよね!
っていってたら、さらに再利用しようという話になって・・・

風船の口をあけて、中のヘリウムガスを吸い込んで声を変えて遊びました^^;

最初は私も「そんなのほんとに大丈夫なのー?」っていって遠目に見てたけど、エドもリジーもニッキーもみんなやってるので、私も1度だけ試してみたよ。

超声が高くなって、5−7秒くらいしたら急激に元の高さに戻っていって不思議なかんじだった・・・
posted by Naoko! at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

フィヨルドランドにある穴場の湖

テアナウからインバーカーギルへドライブしている途中、地図上で気になる湖を発見しました。

今通ってるルートからこの湖にいけそうな気がする!
396.jpg

小さな道路標識に従って走っていくと・・・途中から砂利道に変わった><スピードは出ない、車はガクガク揺れる、きっと車が砂埃で真っ白になってる・・・

それでもしばらく進んでいくと、到着!
397.jpg
超透明なグリーンの湖だった

Lake Monowaiっていうんだね。
395.jpg

道が舗装されてなかったから、他の人はあまりいないだろうと思っていたけど、車が5,6台停まっていて、自家用ボートを出して湖をクルーズしている人、歩いて散策している人もいたよ。

ゼンマイみたいな植物も生えていた
399.jpg

地図に小さくのっているこの湖がこんなにキレイだから、この近くにあるほかの湖にもいってみたくなったけど、この近くの湖は、砂利道が何十キロも続くらしいので諦めたよ。

ちょっと寄り道してよかったと思える澄んだ空気の素敵な湖でした。
398.jpg
posted by Naoko! at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

ラジオ番組・第191回放送をアップしました

昨日8時から放送されたJapanese Downunder第191回放送(今年初の放送です!)をインターネット上にアップしました。

時間の都合がいいときに、クリックしてそのまま聞いてもパソコンに保存して聞くことも出来ます。

http://plainsfm.org.nz/on-demand/JDU-19Jan2010/

普通のPLAYボタンを押すとそのまま再生され、ダウンロードして聞く場合には

Download mp3 version (←ここをクリックしても何も起こらないよ!実際のページでクリックしてね)

と書いてあるところを右クリックしてパソコンに保存できます。

内容はフランス人にパリでは大晦日どう過ごすのかインタビュー、クリスマスに英語で赤鼻のトナカイを生放送で歌ったときのちょっとしたドキュメンタリー、年末旅行の話、イベントインフォメーションなど。
曲はカットしてあるので15分ほどです。

感想とかなんでも、イーメールで、またはここにコメントでも、気軽にください^^
posted by Naoko! at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

Divine Cafe:クライストチャーチのカフェ

仕事中に、たまに美味しいコーヒーを買いにカフェへ行きます。

放送局から一番近いカフェに行くと、顔を見ただけで「いつものでいいね!」って作り出してくれるんだ。

私がいつもオーダーするのは「フラットホワイト、弱めに、砂糖なし」なんだけど、毎日混雑している人気のカフェなのに一人ひとりのお気に入りをちゃんと暗記しているなんてすごいよね!

・・・今日はスタジオの予約にたまたまキャンセルが入り、1日中パソコンでの作業ばかりだったから、気晴らしに、いつもよりちょっと遠めのオシャレなカフェまで歩いていったよ。

カフェに入ろうとしたら、ドアが自動的に開いた!?と思ったら、店員のお兄さんがわざわざ開けてくれたの。

入ったらキウイのお兄さん2人がノリノリで、「今日の気分はモカチーノ?」「いや、ラテでしょ?」って。
テンションが高い・。・
いきなり友達と話しているような気分になった・。・

コーヒーを作りながら「泡で模様かくけど、ハートがいいよな?」「いや、シルバーファーンだろ!」
「えー・・・!?じゃあハートで・・・」ってお願いしたら、ハートの中にシルバーファーンを書いてくれました。

話を聞いていると、1人は南島のバリスタコンテストで1位をとったことがあるんだって。
味も飲みやすく最高だった!

コーヒーと店員さんのエンターテイメントで(笑)すっかりリフレッシュして仕事に戻れました。

409.jpg
ここで写真とらなかったから、上のは違うカフェで撮ったものだよ。
こうやって泡で絵を描いてくれる

2010年01月18日

テアナウからインバーカーギルまでドライブ

地図を見ると、テアナウからニュージーランド南島最南端の町・インバーカーギルまでを西沿いに走る道があり、中でも景色のいい所はサザンシーニックルートと名付けられています。

シーニックルート=景色がいいに違いない!と思い、予定はしていなかったけど、どうせなら最南端まで見てきたいと、サザンシーニックルートが続く道を通ってインバーカーギルを目指してドライブすることにしたよ。

実際に、期待を裏切らない美しいエリアでした。
南に進むにつれ、景色がどんどん変わっていって飽きなかった!

392.jpg
小さく見づらいけど牛がいっぱい

あたりを見渡せる場所各地には車を止めるスペースが多くあったから、ちょこちょこと停まって休憩がてらゆっくり進みました。

No Hunting・・・ハンティング禁止?!
393.jpg

途中通過していく町は、どれも小さな田舎町って感じで、年末ってこともあり人通りは少ない・・・
ガソリン補給やちょっとしたドリンクやスナックを購入したりできる。

ここら辺でも羊は健在!
394.jpg
私が羊を見てうれしくて思わず騒ぐと、キウイの友達はいつも呆れた顔するけど・・・いつ見てもかわいい!

全くきたことのない道を進んでいくのは冒険気分で楽しかったです。

posted by Naoko! at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

飛べない鳥・タカヘを真近で

翌朝、テアナウを出る前にテアナウ・ワイルドライフセンターへ寄ることにしました。
テアナウインフォメーションセンターから車でマナポウリ方面へ行くとすぐのところにあります。
入場は無料で、飛べない鳥・タカヘが見れる貴重な場所。

中はそんなに広くもなく、入ったらすぐにタカヘを近くで見れました。
388.jpg

初めてタカヘを見た感想は・・・くちばしが大きくて本当にかわいい!!黒ハート
羽の色もキレイだよね。

20世紀初頭までに絶滅したと思われていたけど、1948年にこの地域に生息しているのがわかり、それ以来大事に保護されているんだそうです。

他にも同種の鳥ウェカなどの絶滅危惧種が飼育されています。でもみんな奥のほうに隠れていて見えなかった・・・

ここ、ワイルドライフセンターもテアナウ湖に面しています。
387.jpg
透き通る湖面

よく湖を見ていたら、変わった鳥を発見
389.jpg
かっこいい!

この後の旅程を全く決めていなかったからどうするか迷いました。

旅行中にプランを考えるのに役立ったのが、AAが出している無料ガイドブック
386.jpg
各インフォメーションセンターで配布してるよ。
地球の歩き方に乗っていないようなマイナーな場所も写真つきで詳しく解説してる!

この本を読んでいたら、テアナウから南島の最南部に位置する町インバーカーギルまでの道がシーニックルートと呼ばれる景色が素晴らしい場所だということが分かり、それなら南島最南端までドライブしてくることにしました車(セダン)
posted by Naoko! at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

テアナウのホリデーパーク

ダウトフルサウンドツアーから帰ってきて、今夜もホリデーパークのテントサイトに泊まることにしました。

また前回とは違う、Te Anau Lake View Holiday Parkにしたよ。
384.jpg
名前の通り湖が目の前にある

テントサイト(施設を全部使わせてもらえるけど、寝るのはテントOR車)で、一人15.50ドルずつ。
受付でお金を払うとカードを貰うので、それを車の窓にディスプレイしておきます。

私達の泊まった芝地の隣でテントをはってたキウイの夫婦といろいろお話したよ。
トランピング(トレッキング)に凝っていて、明日から5日間歩くんだって!

5日間歩き続ける・・・どんな素晴らしい景色でも私には無理だって話したら、
「僕だってたいした体力があるわけじゃないよ。
正しい装備(専用の靴、スキーのストック(杖に使う)、寝袋など)を持って、最初は短いコースからTRYしていけば大丈夫だって」

そ、そういわれても・・・
私は4年前に、トランピングのことを何も知らず、食べ物とか毛布1枚位をもっていけばいいだろうと安易に考え、キウイたち8人と一緒にマウントサマーズへ山小屋2泊3日のコースを歩いて、大変な思いをした(寒くて夜全く眠れず、装備全く足りず)ことがあったから、今でもその時の経験がトラウマ気味で、体力もないしそんな挑戦は・・・

でもこの方たちいわく、
「いや、それは無理があったよ。なんでまた2泊3日のコースを?!
初心者だったらまず短めのコースからにしなくちゃ。

ガイドさんと一緒に歩くガイドウオークにすれば、荷物は持たなくていいからかなり楽になるんじゃないかな。

エイベルタズマン国立公園とかオススメだよ。海の横のコースだから平坦だし、道もとても整備されていて歩きやすいし。
でもちゃんとした靴は買ってね。大きな差があるから。」

なるほどー!カトマンドゥーとかに専門シューズ売ってるのよく見るよね。
今度エイベルタズマン行く時には少し歩いてみようかなという気になってきたよ。

ここのホリデーパークも新しいラウンジがいい雰囲気で、キッチンも多くあってよかったです。
385.jpg
ここで就寝までガイドブックをチェックして明日の予定を立てたりしたよ。
posted by Naoko! at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

地下発電所の見学

※ダウトフルサウンドクルーズの話の続きです。

クルーズも折り返し地点まで来て、あとは戻るだけ!
後半にさしかかってくると、さすがに長時間のクルーズ&バスの組み合わせに疲れてきて、みんな外で強風に吹かれてがんばるのはやめ、船内に入り、まったりモードに突入していました喫茶店

途中でいるかの群れに遭遇!
367.jpg
ここに生息するのはボトルノーズドルフィンといって、いるかの中でも大きい種類なんだって。
大きいものでは全長3.8メートルに達するいるかもいるんだとか。

いるかのショーであるような、ハイジャンプも見れたよ。本当にああやってジャンプするんだね!

ダウトフルサウンドでは、他にもペンギン、オットセイ、クジラを見かけることもあるそうです。

さらにしばらくすると、みんな船の中で睡眠モード、もしくは飲酒モードに入っていきました眠い(睡眠)
もう大満足の風景も見れたし、外は強風との戦いだし、疲れた・・・
私もちょっと船内で仮眠。

最後の方になって気づいたけど、船の横に出れば風もあまり強くなく、落ち着いて景色が楽しめる
377.jpg

時々ふっと現れる水面上に写る景色
375.jpg

ダウトフルサウンドクルーズを終え、次はマナポウリ発電所の見学です。
またバスに乗り込み、移動します。
355.jpg
これが発電所

途中トンネルの中を入っていき、地下へ入っていきます。なんと地下220メートルの深さに作られた発電所なんだそう。
1971年にこの水力発電所が完成されたんだって。
382.jpg
発電所の中。中は温かかった!

この後、またマナポウリ湖をクルーズする船に乗り込み、スタート地点まで帰ってきました。
383.jpg
天気が回復したから深緑の湖がきれいに見えたよ
posted by Naoko! at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスプディング

旅行話が長いのでちょっと休憩して違う話題を・・・

新年が明けて、まだ休暇を取っている番組も多いけど、休みをとっていない番組もあります。

スコティッシュ・セッションを放送しているコーリーンが今年最初の番組収録に来た際に、放送局のスタッフにクリスマスプディングの差し入れをしてくれました。

クリスマスプディングは、イギリスの代表的なクリスマスケーキ。
ニュージーランドでも毎年家庭で作られています。

小麦粉、バター、砂糖、アーモンド、プラム、レーズンなどのドライフルーツにお酒を加え熟成させたフルーツケーキ。
蒸しあがったものは、数日から数か月熟成させて、熟成期間が長いほど美味しいといわれているんだとか。

お酒が入っているから長持ちするしどうぞー^^ってもらったんだ。

390.jpg

一口食べてみたら・・・美味しい!今まで食べたクリスマスプディングの中で一番美味しいぴかぴか(新しい)
各家庭に伝わるレシピがあるんだって。

でも他のスタッフ(全員キウイ)は「私はいいよーNaoko持って帰りなよー」って。

どうやらみんな、各家庭で大きいクリスマスパーティーをして、そのときに沢山食べたうえ、あまった分も貰って年末年始食べていたので、これ以上はいらないとのこと・・・

ありがたく貰って帰って家でコーヒーと一緒に楽しみました喫茶店
posted by Naoko! at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

世界遺産の景色

※ダウトフルサウンドクルーズツアー話の続きです。

以前ミルフォードサウンド1泊クルーズに参加したことがあるのですが、その時に比べてダウトフルサウンドは訪れる人も少なく、静かで神秘的な印象を受けました。
371.jpg
ダウトフルサウンドクルーズも折り返し地点に近づいてきたとき、鏡のように水面に山々が映りだしたの。

船は少しずつスピードを落として停まり、エンジンも切ってくれました。

キャプテン「今エンジンを切りましたので、これからしばらく静寂の時を楽しみましょう。
みなさん、今いる位置から動かないでください。話すのもしばらくやめてください。子供たちも静かにしてくれると信じています。
あなた達はとてもラッキーです!こんなに晴れた日は多くはありません。
よーく耳を澄ましてダウトフルサウンドの音を聞いてください」

急に静かになったとたんに、鳥のさえずり、遠くの滝の音が聞こえてきます。
372.jpg

神秘的な雰囲気の中、ただじっと、静かに自然を楽しんでいました。
とても感動したよ。

ここダウトフルサウンドでもマナポウリ湖でも、いたるところから水が溢れ出し、滝になっていたよ。
373.jpg

船が少しずつ、一つの小さい滝に近づいていってくれました。

遠くから見たら小さいけど、近づくと大迫力!
374.jpg
水の流れるラインが幻想的

しばらくすると風が出てきて、もう水面に山が映らなくなりました。
376.jpg
posted by Naoko! at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

ダウトフルサウンドクルーズ

※ダウトフルサウンドクルーズツアー話の続きです。

バスがダウトフルサウンドに着いたら、すぐにまた次のクルーズ船に乗り込みました。
ずっと乗り物に乗ってるから疲れてくる^^;

363.jpg
これから出発!
清潔なトイレも3箇所ある、さっきより大きめの船だったよ。

ダウトフルサウンドは世界遺産に登録されているフィヨルランド国立公園の中で2番目に大きなフィヨルド。

有名なミルフォードサウンドに比べて全長が3倍、海面面積が10倍と広い!
ニュージーランド国内にある14の国立公園の中で最大規模なんだとか。

364.jpg
たくさんの山が重なっている中で、常に奥に見えている山ほど色が薄いのが印象的だった

前日は雨が降っていたので、いたるところから水が吹き出て滝になっていたよ
365.jpg
雨の日の滝は規模が違い、大迫力なんだとか

やはりこの船でも、スピードが出ているから甲板の上では超強風
みんな必死で風にバババババ・・・!と吹かれながら景色を見ていて、ときどきカメラを持ち上げて写真をとっていました。
強風のため話もしづらい状態だったよ。

ときどき、こんなに景色が湖に映りこんでいたよ。
366.jpg

進んでいくごとにどんどん景観が変わっていきました。
369.jpg
posted by Naoko! at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ウィルモット・パス・ロード

※ダウトフルサウンドクルーズツアー話の続きです。

マナポウリ湖の終点に着いてから、短いトイレ休憩があり、そのあとすぐにバスに乗り込みました。
外の空気を吸ってちょっとゆっくりしようとしてたら置いていかれそうになった^^;

378.jpg
私達が乗ったバス。窓が大きくて景色がよく見えたよ。空調もばっちり

後ろ側の排気ガスが出る穴がなんとキウイの形だった、かわいい!
379.jpg

運転手さんが面白い人で、ジョークを交えながらずーっと話をしてくれたよ。
このウィルモット・パス・ロードが出来るまでの歴史、地域の話など・・・

くねくねした砂利道を走っていきます。
356.jpg

気候が異なるからか、普段はみない苔に包まれた不思議な木がいっぱい茂っていた
358.jpg

しばらく行くと、ダウトフルサウンドを一望できるポイントへ到着。
一度全員降りました。
359.jpg
パンフレットで見る景色

このダウトフルサウンドをクルーズするんだね!
362.jpg
期待が高まります。
posted by Naoko! at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

マナポウリ湖クルーズ2

※ダウトフルサウンドクルーズツアーの話の続きです。

天気予報では今日と明日は晴れ。
381.jpg

船員さんの話によると、この地域では7日に1日しか晴れないんだとか・・・それってすごい確立で雨じゃん><
天気予報が当たるように願っていたら・・・
353.jpg
晴れてきた!

マナポウリ湖クルーズ→バス移動→そしてダウトフルサウンドクルーズという全8時間の行程でこれから先は長いのでみんな焦らず船内にとどまっている人も多かったよ。
でもしばらくて景色を直接見たいと、みんな甲板に出てきました。
354.jpg

ここは澄んだ水が美しい入り江で、34もの小島が点在しています。
国内で5番目に大きな湖なんだって!

水平線に色の層が出来ていてキレイ
360.jpg

甲板の上では迫力の景色が見れるけれど、風も強い!!
ウインドブレーカーのフードごとかぶって取っ手につかまっていました。
「大きなカメラを持っているみなさん、レンズキャップが飛んでいってしまうから注意してください!」と放送が流れていたよ。

強風の中でも、スピーカーから大音量でこんな注意事項やそれぞれの地域の解説がよく聞こえたんだ。
途中であまりの強風のため、一時は全員外に出るのを禁止されて、中に入ったけどね。

船内では無料コーヒー、紅茶のセルフサービス、有料で美味しいコーヒーやお酒まで注文できるバーもあって快適。

窓から景色が楽しめるのはもちろん、モニターから外の景色も映し出されていたよ。
リアルジャーニーズ社(このツアーの会社)グッツも販売してた・。・

山に雲がかかっている姿を多くみかけました。
361.jpg

マナポウリ湖クルーズの終点、ウエストアームに着く直前に、船のすぐ横に小さな虹が出来てたぴかぴか(新しい)
357.jpg
posted by Naoko! at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

5年ごしのプラン

旅行の話を書いている途中だけど、息抜きに違う話題を書こうかと思います喫茶店

フランス人の友達に、セシールという同年代の女性がいるんだ。
パリ出身の身長180センチくらいの美人で、Plains FMでフランス語と英語でトークしている番組「フランコフォリ」のDJをしてるから2年前に知り合ったの。

普段は仕事の関係上パーティーなどに呼ばれることも多く、ドレッシーな格好にハイヒールをはいてるんだけど、仕事が終わるとスポーティーな服に着替え、自転車を力強くこいで帰っていく・・・そんなギャップがKIWIみたい!


そういえば、以前キウイとフラットしてたとき、女性でトライアスロンの選手がフラットによく遊びにきてたんだけど、ハグレーパークを全力疾走したあとだから汗びっしょりかいていて、3分ほどでササッととシャワー浴びて黒のワンピースに着替えて出てくるのね。

さっきまでのアスリートな格好からは想像を絶するほどの雰囲気の違いに、女性から見てもかっこいいと思ったのを思い出したよ。


話がそれたけど・・・

そのフランス人の友達・セシールが、昨日5人の友達を連れて放送局に来たんだ。
フランス人の女の子6人がキャーキャーいいながらすごいテンションで入ってきたのね。
全員パリから来ただけあって、やっぱりキウイよりお洒落な感じがする・。・

話を聞くと、大学時代からの友達5人が、5人全員同時に有給をとってニュージーランドに訪ねて来てくれたんだとか!!
フランスからニュージーランドの距離は、日本からニュージーランドへのフライトより遥かに遠いのに・・・

友達がNZに訪ねてきてくれるケースはよくあると思うけど、仲良しの6人組が全員そろうために、同時に有給とるなんてまずできないよね?!・・・そう聞いてみたら、
「行こう!と思ったってそう簡単に来れないから、私たちは「絶対NZに行こう」とみんなで決めてて、5年越しの計画をようやく実現したのよ。
6人組の中でセシールだけNZへ移住してしまって最初は超ショックだったけど、それよりも皆でNZ行きのプランをいつも考えてたからその過程だって楽しかった」

みんな目が輝いてて、本当に楽しそう。

私も、日本の友達が同時に来てくれたらどれだけ楽しいか・・・って考えた。
でも、不可能じゃないよね!こうして6人組が再結成している様子を目の前にして、そう思ったよ。

もう仕事も終わりの時間に近かったから、フランスの番組の収録が終わったらすぐ帰宅しようと思ってたけど、収録後も話しこんじゃいました。

380.jpg
posted by Naoko! at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

マナポウリ湖クルーズ

※車で7泊8日の旅の話の続きです。

この旅行の一番の目的はダウトフルサウンドクルーズに参加すること。

節約している旅行だけど、この8時間かけて見る一人270ドルのツアーは申し込んであったんだ。

朝、ホリデーパークのキッチンで朝食とランチを作りました。
349.jpg

ツアーでオプションのランチを頼むと1人25ドルだから、自分たちで作ったほうがいいよね。
というわけでサンドイッチを作ってラップで包んで弁当箱にしまいます。
出発地はマナポウリ、宿泊したテアナウから22キロ車で行ったところにあるんだ。
食後にすぐ移動しました。

今日も曇ってるTT
350.jpg

透き通る深い緑が美しい湖が目の前に広がってるのに、あいにくの天気で不安になります。

晴れてくれるといいな!

このダウトフルサウンドクルーズツアーでは、

マナポウリ湖をクルーズ

マナポウリとダウトフルサウンドを繋ぐウィルモット・パスロードをバスで移動

ダウトフルサウンドクルーズ

バスで移動、途中発電所見学

マナポウリ湖クルーズして戻る・・・

という8時間かかるツアー。

とても寒いから、出発直後は誰も外へ出ずに、サービスの暖かいコーヒーを作って飲んでいました。
351.jpg

次の記事につづく
352.jpg
posted by Naoko! at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。