2009年06月07日

人力モーニングコール?

★テレビ・ラジオの会議に出席するためオークランドに来た話の続きです。

シティーライフホテルはとても親切で、「ドライヤーどこにありますか?見つからないんですが・・・」と夜中の12時に電話しても、すぐに係りの人が飛んで来て探してくれました。

別に電話で教えてくれればどこにあるのか分かるけど、ここでは駆けつける方針なのかな?と思ったよ。

・・・チェックインの際にモーニングコールを頼んでありました。

朝に部屋の電話が鳴って・・・
「Good morning! this is your wake up call」みたいな声がしたの。

普通こういうのテープだよね?! 一応ハロー?って電話に出たけど、そのまま何にも言わずモーニングコールを切りました。

そしたら5分後にまたかかってきた

Thank you very much^^ って言ったらちゃんと返事が来たよ。

この朝、別の部屋に泊まっていたニッキーもモーニングコールはテープだと思ったみたい。

無言で電話を切ったら、あとから部屋をノックしてわざわざ起こしに来てくれたんだって。

一体どういうシステムなんだろう!?
ともかく親切で最高のサービスでした。

朝食を食べようとレストランに行ったら・・・
豪華な朝食でした。

充実のメニューから好きなものをオーダーします。
プラス、ビュッフェ形式でフルーツやチーズなども選べるの。

スモークサーモンとトマトと玉ねぎの入ったオムレツを頼んだらハッシュドポテトと一緒に来ました。

美味しかったぴかぴか(新しい)
posted by Naoko! at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シティーライフホテル

オークランド空港からホテルまではタクシーで移動しました。

タクシーの運転手さんが偶然にもラジオ業界で何年も働いてた人でびっくり!

ラジオ局を転々と働いたあと、音楽アーティストの機材のセッティングチームとして活躍していたんだとか。

NZ公演に来た海外アーティストたちの裏話を聞けて興味深かった車(RV)

アメリカの機械設営チームは他人の担当にいっさい手を触れず、上下関係もキツいんだって。

それに対してNZは音の専門家が照明の知識もあったり、自分の手が空いたら他の人も一緒に楽しくステージを作り上げていくんだって。
KIWIらしいよね。
そんな国民性がいいよね!って話してたよ。

オークランドでの宿泊は高級ホテル・ヘリテージ系列のシティーライフホテルでした。

このホテルだったよ
http://www.heritagehotels.co.nz/citylife-auckland/

自費ではなかなか泊まれない高級ホテルにテンションあがります。

24階建て(やっぱさすがオークランド!高い!)で温水プールとジムもあったよ。

部屋に着いたのは夜9時
966.JPG
一人で泊まるには十分な広さ!

アメニティーのマヌカハニーソープがすごく良かった!
シャンプーもマヌカで超いいにおいぴかぴか(新しい)

967.JPG

疲れてるからこのまま部屋でゆっくりしたいけど、オークランドを見る機会は今夜だけなので飲みに行くことにしましたバー

外を歩くのが気持ちよかった!
10度もあるんだよ。
クライストチャーチはこの日−1度だったって^^;

イタリア風のオシャレなバーで遅くまで語りましたバー
posted by Naoko! at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする