2008年03月23日

宿無し旅行の顛末

一人旅旅行記の続きです。もちろんホームページの旅行記コーナーに写真いっぱい乗せて後日更新するし、一眼レフで撮った写真(まだ取り込んでない^^;)をあとで写真コーナーにUPしたいな!
時間あるときに・・・^^;

プカキ湖で夕日が沈むまでずーっとゆっくりしてから、そのまま車でマウントクックに向かいました車(セダン)

前から書いてるけど、今回は宿を予約していないから、車で寝るつもりでした。

途中で、もう寝ようと思って車をマウントクックのインフォメーションセンター近くに停めました夜

歯を磨いて楽な服に着替えて後部座席に移動、しばらくして気づいたけど・・・

日が落ちて、急にものすごく寒く雪なってきた!?

そりゃそうだよね、マウントクックは山岳地帯、目の前にある山の低い位置に雲曇りが被ってるし、ここもしや標高高い!?

だんだん寒さが本格的になってきてまずいと思い、持ってる全ての洋服を着用><

ズボン2着、上に4枚ブティック・・・それでも寒い。
全然寝れない。

バスタオルも下に敷いたけど、寒くてとても寝付けそうにないたらーっ(汗)

良く考えたら、家を出る前によっぽど私のベッドルームのふとんを持って行こうと思ってたのにすっかり忘れてきちゃったんだった!

死ぬほど寒いとかじゃなくて助かったけど、とにかく寒くて眠れないレベルだったの。

しょうがないからエアコンをつけようと思ったけど、バッテリーが上がるのが怖い雷

バッテリーが上がったら最後、私にはどうすればいいのか見当もつかないので、しかたなく車を10分ほど運転しました。

すると、十分な温かさ晴れに!

すぐに車を道路の端に止めて、エンジン切って眠りについたよ。

そしたら20分後に自然に目が冷めました。寒くて雪!!

しょうがないので、また10分間ドライブ、温まったら車を端に止めて睡眠→寒くて20分後に自動的に目が覚める


exclamationこれを・・・・一晩中繰り返してました。exclamation

夜の10時半から朝8時まで!!あせあせ(飛び散る汗)

ありえない!と思うと思うけど、マジでこれ以外に方法無いじゃん!寝る方法が!TT

もちろん夜中に運転するのは危険だから、周りに1台も全く車が来なかったので、100キロ制限の道を50キロでのろのろと走って車を暖めたよ。

後日グリーン(ホストファザー)も言ってたけど、「俺でもその立場だったら同じことやってたな・・・」って。
彼は車のペインター兼整備とかしてるけど、それでも同じことってことは、方法がマジ他になかったんじゃんね?

って言い訳してもしょうがないね、ペン絶対に旅行には寝袋やふとんを持って行きましょう!
っていうかその前に宿をとりましょう・・・・TT

翌日、お昼頃に1時間ほど昼ねしたら1日大丈夫だったよ。

というわけで、翌日のマウントクック散策に続く・・・!車(セダン)
posted by Naoko! at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lake TekapoとPukaki

一人旅旅行記の続きです。

やっとのことでテカポ湖に着きました晴れ

ずーーっと3時間半ほぼノンストップで100キロ出してドライブしてて(こんなの人生初めて!笑 普段は誰かに運転してもらいます)丘を抜けた瞬間、透き通るブルーの湖が一面に広がってるのが見えて感動!

マジで、大げさじゃなくて夢でも見てるような気分ぴかぴか(新しい)になりました。

177.jpg

クリックしたら拡大するよ。(あ、そういえば、このブログにアップしてる写真は、他の写真もたいていは全部クリックしたら大きくなるよ)

曇ってるにも関わらず、この色!exclamation×2 来て良かった・・・。

すごい強風で海みたいに小さい波もありました。でも、関係ない! ほんとにキレイ。

湖畔をゆっくり歩いたりしてゆっくりした時間を過ごしました。

夕方6時過ぎに、さっぱりしたものが食べたくて(ホームステイはKIWIの家庭だから日本人にしたらちょっとボリュームがある)
定番だけど、日本食レストラン・湖畔のサーモン丼にTRY.

178.jpg

16ドルくらいだったかな?サーモンの下にたまご焼きやスモークサーモンのカットしたものも埋まってて、美味しかった♪

これを食べてますます日本食が恋しくなったよ^^;

マジでクライストチャーチでヒロさんのお店に行って早く美味しい日本食に挑戦したいと思ったよぴかぴか(新しい)

食べ終わったらすぐ、日が暮れる前に近くにあるプカキ湖へ行って写真とりたい!車(セダン)

ってことで急いで移動したけど、1時間くらいかかった。こんな離れてたっけ!?

179.jpg

道沿いがこんな感じでずーーーっとプカキ湖が見えてるの!

日本の車のCMの撮影でよく使われてる場所ってことだけど、マジ納得。

わき見運転しちゃいそうで危ないよ!あせあせ(飛び散る汗)

日が暮れるまでずっと夕日と湖を見てました。

旅行記3へ続く・・・!
posted by Naoko! at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初1人旅行に出発!

2つ前の日記でレンタカー車(セダン)を借りたいきさつを書いたけど、

ぴかぴか(新しい)イースターホリデー4連休ぴかぴか(新しい)の前日に旅行に行きたいと思い立ち、一人でただレンタカーを借りて、行き先も特に決めず宿もとらず旅行に出発することになりました。

今思えば、旅行に慣れてきたからコレくらいで平気だろうと思ってたけど、今度はもうちょっと計画立ててペン行きたいかな^^;

帰ってきてから、ホストマザーに「女の子一人で車に泊まるなんてありえない!」って知ってたら行かせなかったたらーっ(汗)って言われたり、
面白がってたKIWIの友達もまさか車にマジで泊まると思わなかったらしく、無事帰ってきて良かった!って言われ、
イーメールを受信したらYujiからも「お金かかってもいいから高いところに泊まらないとだめだよ!」ってメールが来てた・・・><

意外と心配されてしまい、なんか申し訳なくなりました。ごめんね><
今度からもっとちゃんとした旅行をします・・・。

ましてや今回初1人旅だからね! だけど823キロも走ったんだよ!自分で1泊2日で823キロだなんてなんか信じられないけど無理はしてないんだ。

ともかく、旅行出発のお話ですexclamation

旅行当日の朝にレンタカーを予約して、昼に家までピックアップに来てもらったよ。

172.jpg

オフィスは簡素だけど、インド人のオーナーさんがいい人で5分くらいで手早く手続きが全部完了!さっそく車ゲットです!パスワード

借りた車は日本車だったよ!車検まで何日ですとか日本語のステッカーも貼ったままだった、日本から輸入されてきた車だね!
車自体はデミオって書いてあった。うちの実家にもデミオあるけど、なんか見た目が全然違うなあ。

175.jpg

地図とか一切買ってなくて、レンタカー会社のカウンターでもらった無料の簡単な地図を片手に出発!晴れ

市内は地図なしでもふつうに出れた!

車に乗ってみて改めて気づいたのが、本当にNZって道広いね
シティー内とかって道路もっと狭いのかと思ってたら、車運転してみてびっくり、こんなにも道幅広いんだねえ。

日本の私が住んでるとこなんて、はるかに狭いよ!

おかげでかなりリラックスしてずっと前からNZで運転してるような錯覚に陥る?!位リラックスしてなんてことなかったのがちょっとびっくりです。

でもここは外国、そしてこれはレンタカー、保険は入ってるけど慎重に・・・あせあせ(飛び散る汗)
もちろん制限速度100キロのところは105キロくらいで、他のところもだいたい速度通りで走ったよ。

173.jpg

クライストチャーチを出てすぐのところにアルパカのファームがわーい(嬉しい顔)
超かわいいハートたち(複数ハート)
思わず車止めて写真撮っちゃいました。

レンタカーだから自分の好きなタイミングで車停めたり寄り道できるのがいいね!

とりあえず、ずーーーっと前から行きたかったテカポ湖とマウントクックに向かうことにしました。

テカポは2回、6年前と5年前に行ったことあるけど、ずっと前じゃん、あのとき感動してぜひまた行きたいと思ってたんだ。
クライストチャーチからまだ近いしね!

それにしても運転してると、同乗者がいないし、ドライブのために新ミックスCDCDをスタジオで焼いてきたにもかかわらず、
カセットしかついてない車だったから音楽も聴けなかったので途中でちょっと暇になってきた!

景色はすごいきれいだけどさ、やっぱ何時間も音なしだとヒマになってくる!

ラジオは入るんだけど、日本車をNZに持ってきてそのままラジカセ直してないみたいで、日本とNZって周波数違うじゃん。
日本は周波数低くて、NZはFMでも90以上にあわせていくから、その数字が無いんだよね!

で、入るのが、FMはゼロ、AMはクラシック音楽が流れるやつ1局だけということに・・・!

途中、そろそろ着いてもいいだろうー!と思ってたときに道路標識を確認。

174.jpg

うわっ まだ遠っ!!!たらーっ(汗)

というわけで初一人ドライブにわくわくしながらも、ちょっと退屈しながらもひたすらドライブしました。

つづく・・・!
posted by Naoko! at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする